建物状況調査(インスペクション)について|建物の状況を事前に調査することで、中古住宅の取引を円滑にする制度です。

売るときも、買うときも安心の建物状況調査(インスペクション)!

建物状況調査(インスペクション)|スムーズでトラブルのない既存住宅の売買取引のために、住宅の現状を事前に検査し品質を把握する、「建物状況調査」をおすすめします!

どんな制度なの?インスペクションの概要

建物状況調査(インスペクション)中古住宅の流通を促す環境をととのえ、お客様が安心して中古住宅の売却や購入を行えるよう、宅建業法の一部が改正されました。
中古住宅の取引における「建物状況調査」(いわゆるインスペクション)に関連する部分については、平成30年4月1日よりすでに施行されています。

インスペクション(建物状況調査)って何なの?インスペクションとは…

建物状況調査(インスペクション) インスペクションは、中古住宅の取引時に問題がある建物なのか、そうではない建物なのかを、有資格者が構造面と雨漏り面について調査することが推奨されています。
調査自体は義務ではありませんが、宅建業者に調査の告知が義務づけられ、中古市場の活性化が期待されます。

売却依頼・購入依頼→斡旋→建物状況調査→売買契約へ

プロの検査員による公正な第三者検査が安心を高めます!

検査のポイント

住宅に不具合がないか?雨漏りはないか?
見た目だけでは判断することが難しい住宅の状況を、専門知識を持つ「プロの検査員」が検査します。

①プロの検査員が検査を実施

建物状況調査のご依頼を受けた場合には、一定の講習を修了した経験豊かな建築士が検査を実施します。

②建物状況調査に準じた詳細な検査!

国土交通省が定めた基準にのっとり詳細に検査します。

③わかりやすい報告書

検査結果は詳細なチェックシートと現場写真を解りやすくまとめた「建物検査報告書」と「建物状況調査の結果の概要(重要事項説明用)にてご報告します。

第三者による信頼ある検査+建築士資格を持つプロの検査員+国が定める基準に準じた詳細な検査

建物状況調査の斡旋について

宅建業者は既存住宅を売買するお客様に倒して「建物状況調査」の制度の説明、そして希望に応じた斡旋を行う必要があります。

建物状況調査の斡旋について

瑕疵保険とは…

住宅の特定部分の隠れた瑕疵が見つかった場合に生じる修理費用などの経済的な負担をカバーするのが、検査と保証がセットになった「瑕疵保険」です。
売主または買主の依頼によって、補修等の保証(最長で引渡し日から5年間)を行います。 インスペクターが瑕疵保険法人の登録検査事業者であれば、瑕疵保険加入に必要な検査をインスペクションに代えることができるので、検査の二度手間を省くことができるなど、手続きをスムーズに進められます。

スムーズでトラブルのない売買取引ができました!

建物状況調査を利用した方の声

住宅を売却される方も、購入される方も、「建物状況調査」で安心と信頼を!

売却された方

売却された方不具合の箇所を明記することで売却後のトラブルがありませんでした。

売却された方

売却された方売却時の事前調査で、不具合がわかり補習しておいたのでスムーズに売却できました。

購入された方

購入された方住宅の状況が解っていたので、リフォームの計画も立て易くスムーズに転居できました。

購入された方

購入された方購入後に雨漏りが発生したけど、保証で補習費用がまかなえて助かりました。

※ 詳細については、お気軽に当社までご相談下さい!

  • お問い合わせ / 0279-23-7877(平日/8:30~19:00 日曜・祝日/8:30~17:00 水曜日定休)
  • 建物の売買に関することは、どんなことでもお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら!お電話でのお問い合わせはこちらへどうぞ0279-23-7877